« 久々にスパイラルへ | トップページ | ホワイトデーにのんき屋クッキー »

春の嵐

Nonkiya2_157

ま「親分そろそろお散歩の時間では??」

朝、定刻になるとそわそわしだす犬まの字。窓の外を見るとかなり風が吹き荒れている。まさに春の嵐といった体。

じ「あぁだけどこの雨じゃなぁ~ちょいと待ってみようぜぃ」

ま「・・・・・・・・じぁあ~仕方がねぇ!親分が随分前にこしらえてくれたあのみょうちきりんなカッパがあるじゃないですか。あいつを着ていきやしょう!!」

じ「・・あっ?・・flairあぁあぁあれね。良いの?あのみょうちきりんなカッパ・・・おめぇ気取りやがって昔はこんな格好で歩くぐらいなら死んだほうがマシだとかなんとかぬかしやがって着るの嫌がってたじゃねぇか?」

ま「いいんでやんすよ。この際背に腹は変えられねぇ。」

じ「そうだな。よしっ行くか。春雨じゃあ濡れて参ろうではないか~はっはっは」545

ま「へいっ!!・・・とは親分の手前言ったものの・・・・・・こいつぁ・・・みょうちきりんで、やっぱりちょいと、いやかなりこっ恥ずかしいや

じ「やぁ。ものすげぇ風だ!傘が飛ばされそうだぜ。だが行くぜぃまの字。おめぇのカッパもふっ飛ばされねぇようにせいぜい気をつけるんだな!」

ま「へぃっ!!いっそ、風の野郎がみょうちきりんなカッパを吹っ飛ばしてくれれば、もうちょいとマシなカッパになるかもしれねぇんだがなぁ~・・・」

|

« 久々にスパイラルへ | トップページ | ホワイトデーにのんき屋クッキー »

日常の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151451/28609402

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐:

« 久々にスパイラルへ | トップページ | ホワイトデーにのんき屋クッキー »