« 花見がてらの仕入れ道中 | トップページ | hickory raglan »

品川神社のてづくり市に出展します

catfacecatface都内の桜は今日明日でほぼ満開になるらしいですね~春のそよ風が縁側ならぬベランダを吹き抜けてゆきます

他でもないのですが私は、この桜の季節が一年のうちで一番好きで、ぼんやりのんきな普段にさらに輪をかけて「ぼほほほほぉ~~んやり」してしまいますね~

今日は絵描きの仕事で、おにぎり屋さんの看板を乾かしがてらまたもやぼぉぉ~んやりしてしまいました。こういう人間を昔の日本では「花見百姓cherryblossom」といったそうですねcatface何をするにもぼんやり上ばっかり見上げて・・・まったくもって我ながらしょうがないのんきな仕事ぶりです

イメージ(去年のんきな友人とのぼんやり野点花見の図)521_3  

さてさて、話は変わりますが、4月11日の品川神社の境内の桜はのんき屋じもんの訪れを待っていてくれるでしょうか?かなり小高い場所にある神社なので、もしかすると桜吹雪を拝めるんじゃないかと淡い期待を抱いておりますが・・・

「願わくば、花の下にて春死なむ その如月の望月の頃」花と月を愛でた平安のアウトロー旅の僧、西行先生の詠まれたお歌ですが・・・神様に願い事をきいてやろうと言われたら、若輩じもんも「願わくば~」なんて西行先生を気取って詠っちゃうでしょうね~えぇ

と、まぁ話しはとりとめもなくずれていきますが、本題の久しぶりの品川神社のてづくり市でしたねhttp://shinagawa-tezukuriichi.com/いやぁ久しぶりの出展予定なんですが・・

この神社はのんき屋の商いの始まりの場所と言っても過言ではありません

東海道53次の一番最初の宿場町である品川宿を、長年見守ってこられた品川神社の境内にて月に一度催されるてづくり市です

主催のうーさん、事務局&商店街のみなさん、そしてなによりここの宮司様、皆様のにこやかな笑顔と人情味あふれるやりとり、えもいわれぬ暖かな雰囲気が殊更素晴らしく、春は梅、桜にはじまり、茶屋にて売り出される、駿河屋さんのかくや漬け、みたらし団子、夏はラムネに、冬は甘酒、季節ごとの豊かな香りに包まれるこの神社でのてづくり市に、のんき屋は育てられたようなもので・・

集まる作家さんもなんだかみんな笑顔、お客さんもまったり笑顔で、べらぼうに雰囲気の良いてづくり市なのです

皆様も是非遊びにいらしてくださいましね

※本日までにお洋服のお振り込み完了のお客様への商品発送は本日中には完了する予定でおります。また、商品到着メールにて一言二言お言葉を添えていただき誠にありがとうございます♪うれしく拝見させていただいております♪

※新しい生地も少しずつですが入荷してきました。徐々に試作をこちらで紹介させていただきます^^

|

« 花見がてらの仕入れ道中 | トップページ | hickory raglan »

のんき屋道中ひざくりげ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151451/34027608

この記事へのトラックバック一覧です: 品川神社のてづくり市に出展します:

» もう4月なのに寒いですね [クリエイターマーケット]
先週末は天気予報と違って曇りがちな天気で、もう4月だというのに寒かったです。 特に日曜日は、朝から曇り空で、夕方からは小雨もちらつい来て、早めの終了となってしまいました。 寒い中頑張って頂いたカミカラさんcocooさん、どうもありがとうございました。 お花見客が多... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 23時04分

« 花見がてらの仕入れ道中 | トップページ | hickory raglan »